結婚するには「愛する人」「愛してくれる人」どちらがいいの?

自分が良いなと思った相手からはOKがもらえない・・・

「自分がいいなと思った人からはOKもらえない。」婚活をしていると、誰もがこんな想いを1度は持つかもしれません。

そこから派生して「好きになる人」「好きになってくれる人」どちらが自分に合うのか?と考えます。

「愛され婚がいいのか、愛し婚がいいのか」なんて話にもなります。

この問題は今でもきっと答えは出ていない問題で、人によって様々な考え方があります。

「絶対愛され婚だ!」という方もいるし、「愛せる人の方が幸せだ!」という方もいます。
 

私はこの2面だけで、結論をだすのは難しいです。

どんな人と結婚すると、ずっと幸せでいられるのか?

どんな人と結婚すると、ずっと幸せでいられるのか?

それは、自分が「幸せを感じられる」相手になります。

自分の内側から、「あー幸せだなぁ」と思える人が自分に合ってる人です。

抽象的ですね。

それは具体的にどういう人なのか。

それは「自分って素晴らしい存在なんだと思わせてくれる・思える相手です。

具体的にはどんな相手なのか。

一緒にいることによって、自分の良い面がどんどん出てくると感じる。

一緒にいると、相手のいい面に気づく、そのいい面に気づく自分がうれしい。

話をしていると、どんどん自分がオープンになっていく気がする。

自分を強く見せなくいい

嘘つかなくていい

無理しなくていい

弱みは自然とフォローしてくれる

輝く自分と出会える

そんな方が運命の伴侶なんだと私は考えます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA